• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2017年7月25日 火曜日

咬み合わせ -咬み合わせはみよし市の陽のあたる歯科

最近、朝の通勤時に子供を見ないと思ったら、夏休みなんですね!

 

夏休みのある小学校時代に戻りたい!(byミスチル) と思っている後藤です。

 

 

 

さて、皆さんは食事するときに、咬みやすい側ってありますか?

 

例えば、軟らかいものは両方で食べるけど、硬いものは右で咬むとか・・・

 

 

今回は咬み合わせからくる全身の不具合について書きます。

 

 

まず、顎は安定していません。

 

姿勢、噛み癖、頬杖などの影響で位置が変化します。

 

また、顎を支える筋肉も、それらによって付き具合が変わってきます。

 

そんな不安定な顎の位置を正しい位置にするのが『歯』の役目なんです。

 

だから、歯並びが悪かったり、適切な被せ物が入っていない場合は顎は不安定になり、位置も変化します。

 

 

では、顎がずれると全身に何を引き起こすのか?

 

 

頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴りなど、比較的身近な症状といえるのではないでしょうか。

 

これらの全てが咬み合わせが原因というわけではありませんが、原因不明の頭痛、肩こり、腰痛の8割は歯科分野と報告している方もみえます。

 

 

では、これらの症状が出ないように予防することはできないのでしょうか?

 

歯並びや咬み合わせは予防ができないので、普段できるのは、『噛み癖』を減らすという事。

 

硬いものは右とか、そういうのではなく、全ての食べ物を両方で食べ、左右の筋力の差を無くすという事。

 

ポイントは、食べ物を口に入れたら、2つにわり、左右で咀嚼するという事。

 

右で咬んで、左で咬んで、右で、左で・・・ ではダメですよ。

 

あくまでも同時に。

 

これをすることで筋肉の過緊張がすくなくなり、これだけで頭痛や肩こりの軽減になります。

 

 

咬み合わせは重要です。

 

気になる方はご相談ください。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2017年7月 6日 木曜日

最近の歯科界の話題・・・ -虫歯治療はみよし市の陽のあたる歯科

今日は暑いですね!

 

でも九州、中国地方はすごい雨で心配です。

 

今後もこんな異常気象が続くのかと不安に思う後藤です。

 

 

 

さて、最近、歯科界の話がいろんな媒体を通じて報じられています。

 

昨日は、朝の情報番組の とくダネ でやっていました。

 

その話題は『滅菌』について。

 

 

 

歯科では虫歯の除去などでタービン(切削器具)を使います。

 

そのタービンを患者様の治療後、どうしているか?という話。

 

 

タービンを患者様ごとに滅菌しているかどうかという論点。

 

当然、滅菌するべきですし、陽のあたる歯科では開院当時から下の写真にあるような専用の滅菌器を導入しています。

 

タービンの滅菌器で、しっかりと滅菌できるのは、下の写真のような専用の滅菌機とガス滅菌で、どこの医院さんでもあるような滅菌器(オートクレーブ クラスBは除く)では表面は滅菌できても、内部は滅菌できません。

 

しかし、今回の調査のくくりは、

①患者様ごとに滅菌している

②症例によって滅菌している

③消毒のみ

④何もしていない

だったと思います。

 

だから、滅菌の内容までは気にしていないし、報道でも、滅菌の内容によって滅菌効果に違いがあることも触れていませんでした。

 

 

では、同じ質問を飲食店でしたらどうでしょうか?

 

同じお口に入る物というくくりで聞いてみたら、滅菌している店舗はほぼ0でしょう。

 

食洗器は滅菌器ではありません。

 

食器洗いであれば除菌ができる洗剤はもあるじゃん!

 

・・・であれば、タービンの表面の消毒と同じレベルですよ。

 

そして、歯科では、ほとんどの細菌、ウイルスを死滅させることができるレベル(限りなく滅菌に近いレベル)の特殊な消毒液もあります。

 

何で歯科だけ目の敵にされてこうもたたかれないといけないのでしょうか。

 

だからといって、滅菌を不十分でいいかというわけではありません。

 

必要だと感じたので、開院時からタービン専用滅菌機を導入しているのですから。

 

全ての医院がきちんと滅菌できるようになるには国の医療費を見直さないといけないと思います。

 

今のままでは、本当の感染予防を行うと、赤字経営になりかねない。

 

だって日本の歯科の初診料は、10割負担としても、アメリカの10分の1以下ですから。

 

東京では歯科のworking poorとなる歯科医院もあります。

 

・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

話が大きくそれてきました。

 

 

間違いなく言えるのは、陽のあたる歯科では、基本セット、エアーの先、タービン、削る器具など、お口に入れるものは、全て患者様ごとに滅菌しており、問題ありませんのでご安心くださいませ!

 

 

 

 



pic20170706172202_0.JPG

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2017年6月19日 月曜日

口臭・・・気になります? -お口の健診はみよし市の陽のあたる歯科

梅雨入りしたのに雨・・・降りませんねぇ。

 

そのせいか、ツバメが飛んでる姿をよく目にします。

 

巣立ったツバメが飛ぶ練習をしてるのでしょう。

 

歯科医師になりたての時を振り返り、現在も成長できていると思えている後藤です。

 

 

 

今回は、口臭について書きます。

 

口臭といっても、臭いの種類はいろいろあります。

 

また、年代によってもいろいろあります。

 

しかし、どの年代でも口臭の最も大きな原因は「お口の中の汚れ」からくるものです。

 

歯の表面、歯と歯の間、舌の表面、粘膜の表面についている汚れから口臭となっていきます。

 

また、虫歯があったり適合不良の被せ物などがあっても汚れが溜まりやすくなり、口臭の原因になります。

 

 

その次に多いのが「歯周病」によるもの。

 

歯周病に罹患していて、治療を適切に行って、症状が安定していれば問題ないのですが、未処置の場合は歯周病特有の口臭がします。

 

歯周病治療は程度にもよりますがすぐに改善するというわけにはいかないので、口臭の減少にもある程度の日数がかかってしまいます。

 

早め、早めのチェックが必要です。

 

 

最後は、「代謝による口臭」です。

 

食べ物を食べて、胃の中で消化して・・・その臭いが逆流して口の方にくる口臭であったり、薬などを飲んで、体が分解・吸収し、それが肺から出てくるというもの。

 

食べ物であれば対処はできるのですが、薬となると、体の事もありますので・・・

 

一番改善が難しい口臭かもしれません。

 

 

ご心配な方はご相談ください!

 

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2017年6月 9日 金曜日

治療した歯のその後 -虫歯予防はみよし市の陽のあたる歯科

梅雨に入りましたね。

 

ジメジメとした気候は嫌ですが、雨が降らないとダムの貯水率が・・・

 

なんて思いながらこの季節を過ごしている後藤です。

 

 

 

今回は、

 

『虫歯を治したらそれでおしまい?』という内容でコラムを書きます。

 

虫歯の治療内容はいろいろあります。

 

小さな虫歯であれば『レジン(樹脂の詰め物)』

 

奥歯など、少し進行した虫歯であれば『インレー(部分的な型取りする詰め物)』

 

歯の大部分が無くなるような虫歯であれば『クラウン(型取りして歯の全てを覆う物)』

 

欠損部を補う場合は『ブリッジ(欠損部の両サイドを削って橋渡しする物)』

 

 

メインの治療はこれらにあたります。

 

もちろん材質によって違いますが、これから書く内容は保険治療の話。

 

 

岡山大学の森田学教授が次のような研究発表を行いました。

 

それは、『虫歯治療後の詰め物、被せ物の寿命』という内容。

 

それによると、

 

レジン 5.2年

インレー 5.4年

クラウン 7.1年

ブリッジ 8.0年

 

これはあくまでも平均値です。

 

材料も違えば、患者様のお口の中の状態も違う、歯科医師の技量も違う・・・。

 

あくまでも平均値ですよ。

 

 陽のあたる歯科では、1.5~2倍になるよう意識して処置しております。

 

形成だったり、材質だったり・・・

 

でも、1番大事なのは、定期的にチェックをしていくという事。

 

自分で鏡を見ただけでは分からないこともたくさんあるし、何より、金属はイオンの問題で汚れが付きやすい!

 

だから、磨き残しがないかどうかのチェックもとても大事なんですよ。

 

 

 

今回は治療したその後の内容でした。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2017年5月31日 水曜日

毎日の事だから -虫歯予防はみよし市の陽のあたる歯科

最近暑いですね!

 


5月なのに30℃超えです。 車内が暑い!

 


真夏が心配になる後藤です。

 


 


 


さてさて、皆さんは毎日歯磨きしていますよね?

 


時間をかけて磨いていますよね?

 


 


・・・と、質問から入りましたが、皆さんいかがですか?

 


日本人はまじめなので、1日に2回以上磨く割合は、欧米の割合に比べて高い値なんですよ!

 


歯磨きは大事だと分かっている・・・ちゃんと磨いてる・・・でも虫歯になる。

 


 


原因は何でしょうか?

 


いろいろありますが、今回は歯磨きの仕方について書きます。

 


 


まずは歯磨き粉について。

 


日本で販売されているほとんどの歯磨き粉にはフッ素が配合されています。

 


日本では配合できるフッ素濃度が決められていますが、一部の歯磨き粉は海外製品並みの高いフッ素濃度になるみたいです。

 


今回はそこではなくで、歯磨き粉の量。

 


皆さんはどのくらい使っていますか?

 


少ないですか?多いですか?

 


5~10年まえの考え方は、「少しの量で磨きましょう! だって、量が多いと磨いた気になって磨き残しが多くなるから。」というもの。

 


確かに間違ってないでしょう。

 


しかし、もっと効果的な方法があるとしたら・・・そちらがいいと思いませんか?

 


陽のあたる歯科での歯磨きはイエテボリテクニックを勧めています。

 


ポイントは、

 


・歯磨き粉をしっかりと使う

・口をゆすぐときは少しの水で1回だけ

・磨いた後は1時間くらい飲食禁止

 


 


この方法は、歯磨き粉の中の成分を、しっかりと取り込もうとする方法です。

 


歯磨き後に何回もお口をゆすぐと、歯磨き粉内の薬効成分はほとんどなくなり、残るのは爽快感だけ。

 


虫歯予防に有効なフッ素の効果も無くなってしまい、結局は歯磨き粉無しで磨いたのと同じになってしまいます。

 


成人であれば、2㎝くらい(歯ブラシの毛の長さ分)、小学生であればその半分くらい使ってもいいと思います。

 


これからは、

 


・歯磨き粉をしっかりと使う

・口をゆすぐときは少しの水で1回だけ

・磨いた後は1時間くらい飲食禁止

 


に意識して磨いてみてください!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31