• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2013年11月11日 月曜日

続きまして -ホワイトニングは陽のあたる歯科

今朝の雪雲は凄かったですね!

あと気温が10℃低かったら雪でしたね!  ・ ・ ・たぶん。

そんなことを思いながら午前中仕事をしていた後藤です。




さてさて、昨日の日曜日もセミナーに行ってきました。

今回は神戸で『外傷』について。

陽のあたる歯科の患者様はお子様も多くみえます。

なかなか外傷のセミナーはないので今になってしまいましたが行ってきました。



講師は愛知県の先生です。

この外傷って学校では詳しくやらないんですよ。

なのに外傷の症状、状態は様々で、予後が期待できないものまである。 それが外傷。

すごっく面白かったです!

面白かったという表現はどうかと思いますが、すごく勉強になり、刺激になり、今までやってきたことへの自信が持てました。


勉強してきた内容を皆様にすぐに還元できるとするならば、


ぶつけて歯が抜けたら 『牛乳』 につけて歯医者に行きましょう!


ということですかね。

現在、多くの学校には『保存液』というものが常備してあるとのことですが、あれよりずっといいみたいです。

いいですか、抜けたら牛乳ですよ。


でも抜けちゃうと、または強くぶつけたりすると、神経線維が断裂し、神経が死んじゃいます。

そうなるとご存知の方も多いとは思いますが、歯が濃くなっていきます。

そうしたらエンドホワイトニングです。

神経がなくなった歯1本だけをホワイトニングする方法です。

現在、陽のあたる歯科でも行っておりますが、もっと短期間でできそうなシステムを教えていただきました。

よりよいホワイトニングの提供も行っていきますよ!



さあ、今月はまだまだセミナーは続きます。

もっともっと頼られる医院にしていきますね!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2013年11月 5日 火曜日

11月の連休 ー歯周治療は陽のあたる歯科

11月になって寒さが増しました。

周りで風邪をひいている方が多くなりましたがいかがお過ごしでしょうか。

風邪はひいていませんが、原因不明の不眠症に襲われている後藤です。

眠たいのに寝れないのはなんででしょうか。




さて、今回は不眠症のことを書きたいんじゃなんです。

11月はセミナーの月!

第1発目は東京、汐留で行われた特別講演会。

ジャ ジャーン!



これです!

歯周病、インプラントについて、世界の権威ある名誉教授2人の講演会です。

ちなみに左の ヤン リンデ教授は、歯周病の教科書に出てくる方。

日本は違いますが、世界の多くの国では、歯周病の教科書はリンデ教授が書いた本を使っている、そんな方。

そんな教授に直接講演していただけるため、3日の日曜日と4日の祝日に参加してきました。

参加人数は650人との発表があり、こんな会場です。



多くの先生方が参加して見えました。


さて、今回は歯周病、そしてインプラント、インプラント周囲炎などなど、トピック満載でした。

最近、インプラント治療が多く問いあげられていますが、インプラントも万能じゃあありません。

僕も決して歯がないところの最高の治療法だとは言いません。

だって、問題もあるから。

その問題、『インプラント周囲炎』が起きるのは歯周病と同じですが、そこがどうなっているのか、治療はどうしたらよいのか、その選択は・・・などなど、論文ベースで話していただきました。

論文ベースで話すということは、経験談で話す事と違います。

さまざまな実験、動物実験なども含みますがそれを行い、いろんな『なぜ?』を解決していった報告が論文。

つまり、これ以上の裏付けはないんです。

1890年代とかそんな古い時代から最近のものまで、いろいろなことを語っていただきました。

そもそも、日本の歯周病学はアメリカの流れを受けており、現在でもそうだと思います。

しかし、元奥羽大学歯周病学教授・岡本浩先生がスウェーデンのイエテボリ大学でヨーロッパの歯周病学を学び、日本に持ってきたのが始まりです。

この話は長くなりますのでまたの機会に。



さて、今回の講演会では多くのことを学び、今まで勉強してきた事の復習ができました。

歯周病学もインプラント学も、「もう研究することはない!」ってところまで行っていたら臨床家の僕たちも楽でしょう。

でも歯周病はともかく、インプラントはまだまだ研究の余地がある、そんな状態です。

「ではインプラントは危険な方法なの?」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

安全にできるようになっていますし、何か起きてもリカバーできるようになってきています。

ただ、ごく希に、利益を優先し、常識離れしたことをする心無い歯科医師がいるので危険に思われるのです。

診断をしっかりとしないで、準備を怠ってインプラントをするので・・・


いやいや、今回は愚痴ではありませんね。


セミナーの話に戻りましょう。

今回の2人の講演は、脳みそ的にはすごく疲れましたが勉強になりました。

臨床ばっかやっていくと、どこかで基本を忘れそうになる時があるんですが、今回の様な話を聞くと、いかに基本が大事かと気づかせてくれます。

どんな世界でも同じだと思います。

僕の中では、岡本先生に出合い、ヨーロッパ、それもスカンジナビアの歯周病学に出合い、確固たる治療のコンセプトができました。

『生物学的根拠に基づく治療』

これです。

まだまだ勉強しないといけないことは多いですが、このコンセプトを決して変えず、歯科医師として成長できればいいと思います。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2013年11月 1日 金曜日

61

朝晩冷え込んできました。

最近医院で何かしていることが多く、遅く帰ることもちらほら。

寝不足は肌に悪いと実感している後藤です。



プロ野球も大詰め。

日本シリーズですね。

今年は 巨人、楽天、どちらが優勝するのでしょうか?


・・・てか、今日は野球の話ではなく、『61』です。

勘のいい方はお分かりになると思います。

今日は11月1日。 

今年もあと二か月・・・



そう。

今年もあと61日しかないんです。

1年ってあっと間ですね!

何かしているうちにもう今年も終わり。


目標はクリアーできそうですか?

自分の成長はありましたか?

人を成長させることができましたか?


最近1年を振り返っています。

今年、まだまだできたんじゃないか。

体調崩しちゃったなあ。

これを勉強するのをわすれた などなど。


今年はもう61日しかありませんか?

今年はまだ61日もありますか?


残り60日。 体に気を付けて頑張りましょう!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL