• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2014年1月11日 土曜日

永遠の0 -インプラントはみよし市の陽のあたる歯科

最近乾燥により喉の調子がおかしい後藤です。



さてさて、ブログは元気にいきますよ!


先日、診療後に映画を見に来ました。

レイトショーにもかかわらず、お客さんも多く、映画の良さが見る前にも分かる感じでした。



パソコンの方、横だったらごめんなさい。


『永遠の0』

ベストセラーの作品の映画化。

いい作品の映画化はいいですね!


それよりも、この作品の内容。

特攻隊を作品にしたものは数多く見てきましたが、この作品も素晴らしい。


昨年、知覧に行き、教科書に載っていない、もう一つの真実を知りました。

特攻の方々は決して死にたかった訳ではない。

愛する人と一緒に暮らしたかった。

でも、愛する人を死なせないためには自分が逝くしかない。

そんな葛藤の真実を知りました。


そんな状況でこの永遠の0を見たので、主演の岡田さんの演じている思いをより感じることができました。


今を生きる僕らは絶対に知っておかないといけない事実。

彼らが託した今、未来を、彼らが恥じないように精一杯生きていかないといけない、伝えていかないといけない、そう思いました。


皆さんも見てください。

永遠の0、そして岡田さんの表情を!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年1月 8日 水曜日

歯をキレイに -クリーニングはみよし市の陽のあたる歯科

今年最初の雨ですね。

しかも本格的な雨。

喉の調子をすぐに悪くしてしまうので、湿度が高いのはありがたいと思う後藤です。




さて、今回は『歯』の話。

よく患者様に聞かれる内容です。

「歯を白くしたいんです。」

そうしたら思いつくのが『ホワイトニング』です。

「ホワイトニングをしたいんです。」

と言われる方も見えます。


歯をキレイにする、白くする方法は大きく分けて3つ。

1、クリーニング
2、ホワイトニング
3、被せ物

今回は3の被せ物の話は除きます。 イメージつきやすいですから。

さてさて、1と2は何が違うのか。

一言で表現するのであれば、『本来の歯の色にするのか、それ以上の白さにするのか』ということですかね。


1のクリーニングは歯の表面の着色汚れを取り除き、本来の歯の色に戻すということ。

タバコのヤニであったり、茶渋であったり、ワインのステインであったり ・ ・ ・ これらを取り除きます。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)とも言います。

訳すと、専門家による機械的歯面清掃ということ。

歯の色は年齢とともに濃くなっていきます。

その年齢よって変化していった歯の色に戻してあげるのが歯のクリーニングです。


2のホワイトニングは、もともとの歯の色よりもさらに白くする方法です。

薬液を使って、歯の脱色をする方法で、細かな話は今回は省きます。

芸能人やモデルの多くはホワイトニングをして歯を白くしています。 (被せ物で白くしている方も多いですが)


クリーニングとホワイトニング。

似ているようで違うんです。

ご理解いただけたでしょうか?


ちなみに1のクリーニング(PMTC)は保険治療適応の治療法となっております。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年1月 6日 月曜日

遺伝史 -白い歯はみよし市の陽のあたる歯科

昨夜は星がすごくきれいでした。

見とれてしまうくらい綺麗な星空でした。

その感動を共有しようと写真を撮りたいと試みましたが、三脚ないとダメなことに気付いた後藤です。




さて、年末年始、何して過ごされましたか?

出かけましたか? ゴロゴロしてましたか? 食べていましたか?

僕はなんだかんだ仕事をしていました。

でも、気になるテレビは見ました。 リアルタイムで見たのは少ないですけど・・・


その中でよかった番組を紹介します。

『遺伝史』という番組です。

『遺伝子』ではありませんよ。

成功者の原点を紹介する番組。

見た方いますか?

たとえば、手塚治虫が新しいアニメを制作する際に新しいデザインが欲しく、デビューしたてのやなせたかし(アンパンマンの作者)を製作スタッフに入れ、それまで子供向けの漫画(鉄腕アトムなど)を描いていた手塚治虫がやなせたかしのリアリティのある作品に惹かれ、以降の作品は人の『命』をテーマにした作品(ブラックジャックや火の鳥など)を描くようになり、また、やなせたかしはそれまでリアリティの描写から子供向けの作品にしようとアンパンマンを作った。

なんて話。

他には、心臓外科医の南淵先生の遺伝史は『ブラックジャック』だとか。



すいません。

また写真が縦横間違ってました。


こんな感じの2時間番組。



では僕の原点は?

歯科医師になるきっかけになった原点は家族です。

祖父と父が歯科医師だったので。

でも勉強し続けることを教えてもらった原点となる言葉は祖父の言葉。

祖父が亡くなる1年位前。

病室を訪ねて行った浪人中の僕に、

「陽一は勉強しているかもしれない。でもほかの人はもっとやってるかもしれない。 だからここで大丈夫と思ったら、すぐにおいて行かれるぞ」

その言葉がそれからの僕の原動力となっています。


昨年の年末はそういった刺激、気付きをもらえた、いい番組に出合いました。


投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年1月 4日 土曜日

明けましておめでとうございます -インプラントはみよし市の陽のあたる歯科

明けましておめでとうございます。

陽のあたる歯科 院長の後藤です。

2014年がスタートしました。

皆様にとって輝かしい1年でありますよう、心よりお祈りいたします。




さて、今年の陽のあたる歯科は更なる成長をしていくべく、スタッフともども勉強をしていきます。

私もさっそく来週と月末にセミナー参加してきます。

2月にはスタッフ全員でのセミナー参加も予定しております。

知識、技術ともども成長していきますね。


あと、報告が遅れましたが、月・金曜日に代診の先生が手伝ってくれるようになりました。

将来有望な女医さんです。

こちらも合わせてよろしくお願いいたします。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL