• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2014年5月31日 土曜日

こんな記事が新聞に載りました -虫歯治療は陽のあたる歯科

最近、風呂上がりのビールならぬ、風呂上がりのペリエ(炭酸水)にはまっている後藤です。

風呂上がりに飲みたいのはのどごしの良い炭酸だったんですね!





さて、今回は、知っている方もみえるかもしれませんが、5月中旬くらいに読売新聞に掲載された記事についてです。


歯科についての記事だったのですが、それがこちらです。



歯を削る器械を『タービン』と言いますが、このタービンは使い捨てではないため、基本、使いまわすものです。

もちろん、唾液や血液、歯垢などが付着するためタービンの滅菌も行ったうえで使いまわしをします。

この記事では『院内感染懸念』とありますが、数年前にタービンの滅菌についてのガイドラインができたため、消毒も全く行っていない医院は限りなく少なくなりました。

よって、院内感染のリスクは少なくなりました。



今、『院内感染のリスクは少なくなりました』と書きましたが、ガイドラインが作られる前はどうだったのか。


過去に、歯科治療において、タービンが原因で院内感染を起こした事例は1件もないそうです。



とはいえ、滅菌しなくても良いかというとそうではなく、ちゃんと滅菌は必要だと思います。

陽のあたる歯科では開業当初からタービンを滅菌する専用機器『DAC』を導入しています。



ドイツ製の機械で、タービンの表面だけでなく、内面まで滅菌してくれる優れものです。

ですので安心して治療をお受けください。



今回は、皆さんの中で心配されている方もいらっしゃるかもしれなかったので、こんな回答になりました。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年5月24日 土曜日

自費の被せ物 -白い被せ物はみよし市の陽のあたる歯科

最近歯科医師会の委員会の会議で医院の休みを変更しており、皆様にご迷惑をおかけしていることを申し訳ないと思っている後藤です。




早速ですが、前回は保険の被せ物についてコメントいたしました。

今回は自費の物についてコメントしたいと思います


自費の被せ物の材料の種類としては、セラミックスハイブリット金(ゴールド)があります。

陽のあたる歯科のセラミックスは大きく分けてオールセラミックのジルコニア、e-max、セレックの3種類と、金属フレームにセラミックスをくっつける電鋳メタルボンド、メタルボンドの2種類、合計で5種類あります。

3種類はセラミックスの硬さと色の違いですかね。

まずジルコニアは、非常に硬いセラミックスです。僕らが調整するのも難しいくらいの硬さで、F1のブレーキにも使われているくらいの素材。なのでスペースがない場合にも適応されますが、問題があるとしたら色です。白色ではありますが、歯の白色とは違うものなので、見た目が気になる部位での使用は難しいかもしれません。(しかし、銀か白かの選択であれば良いかもしれません)

e-maxは従来のセラミックスの硬さよりも硬い材料です。ただしジルコニアよりは硬くありません。従来のセラミックスよりも硬いため、『セラミック部分が欠けた』なんてことは少ないです。(全く欠けないわけではありません)
e-maxは色も自然な感じに作ることができる為、最近では多くの症例に使われるようになっています。

セレックはセラミックスのブロックを機械が被せ物の形に削るものです。技工士さんが作らなく、材料費の安くできる為、従来のセラミックスの被せ物よりも価格を抑えて提供できます。
しかし、e-maxよりも硬くないため、咬み合わせの力に耐えられるよう、土台となる歯を多く削る必要があります。
ブロックにも何種類もの色があるため、それを実際の歯と比較することで色を合わせることも可能です。



ハイブリットはセラミックス80%と樹脂20%が混ざったもの。

セラミックスよりも安く白い被せ物を入れることができますが、セラミックスよりも硬くはなく、少しずつ削れていくのが特徴です。特に奥歯のような大きな力が加わるようなところでは咬み合わせの部分が平らになってしまうこともあります。
また、樹脂が入っているので年数の経過とともに色の変化が起きています。保険の前装冠ほどではありませんが、歯につけた瞬間の色と、数年経過した色とでは違ってきます。


ゴールドはその名の通り金です。

金属なので前歯には使えませんが、適合が良かったり、日々その場所で食べることでなじんでもきます。歯を削る量もセラミックスやハイブリットと比べるとはるかに少なく、神経を残すことも可能になってきます。
しかし、熱を伝える能力が高いため、神経が過敏な方はしみる症状が出ることもあります。



以上が自費の被せ物の簡単な説明になります。


歯は削らない方が良いのですが、削らないといけなくなった場合には、保険の被せ物を含め、何かを選択しないといけなくなってきます。

その時はコーディネーターと一緒に被せ物の選択をしていきましょう!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年5月17日 土曜日

保険の被せ物について -白い被せ物はみよし市の陽のあたる歯科

暖かくなり、田畑の仕事をする方をよく目にします。

芝の手入れに手をやいている後藤です。




さてさて、前回に引き続き、今回も歯についての話です。


今回は被せ物について ・ ・ ・ 


虫歯が広範囲に広がっていたり、神経を取るくらい大きく歯が無くなっている場合は機能を回復するために被せ物を入れなければなりません。

被せ物には大きく分けて2種類

保険対応の物と自費診療の物。


今回は保険の物を説明します。

保険の被せ物はパラジウム合金による金属の被せ物(以下 FCK)、金属の被せ物の外側に白い樹脂を張り付けたもの(以下 前装冠)、セラミックスと樹脂を混ぜた白い被せ物(以下 HB)があります。

FCKは皆さんがよく言う、「銀歯」というものです。

FCKの一番のメリットは、『安い』という事。

保険対応ですからね ・ ・ ・

しかしデメリットは ・ ・ ・ というと、『見た目が悪い』『アレルギーを引き起こすことがある』『適合が他の種類の被せ物と比べると劣る』などが挙げられます。

一番のデメリットはやはり『見た目』です。

笑った時、写真に写った時など、奥歯が光るのは ・ ・ ・ ねぇ。

ちなみに適合が良くないというのは、型取りの材料、模型を作る石膏の材料などが大きく影響しています。


前装冠は前歯のみに適応できる被せ物です。

金属の被せ物の唇側を削り取りそこに歯と同系色の樹脂を張り付けたもの。

メリットは、『保険で見える所は白い被せ物が入る』という事。

デメリットは、『白い樹脂の部分が時間の経過とともに変色していき、不自然な黄色になる』こと、』『アレルギーを引き起こすことがある』『適合が他の種類の被せ物と比べると劣る』という事でしょうか。


HJKは白い樹脂の被せ物です。

メリットは、『白い被せ物が保険で入る』という事。

ただし適応症には保険のルールがあり、歯の場所だったり、咬み合わせによっては適応できない場合がありますので、皆さんができるものではありません。

デメリットは、『時間の経過とともに色が変色する』『適合が悪い』『保険適応のセメントでは接着力が低い』『歯よりも硬くはないので擦り減っていく』『被せ物に臭いが付くことがある』といったところでしょうか。

私個人的にはHJKはお勧めしておりません。

上記のようなデメリットが多すぎる為です。

樹脂が入っているため、被せ物は歯ほど硬くはなく、強度を出すためには被せ物自体の厚みを持たせなくてはいけません。

神経が残っている歯では多く削ることになり、痛みの原因につながることもあるし、神経を取り除き、金属の支柱が入っている歯では被せ物が割れやすくなります。


しかしどの保険の被せ物の一番の問題はセメントです。

セメントも保険対応のものとそうでないものがあります。

被せ物は割れたりしなければずっともちますが、持たないのがセメント。

一般的に、保険の被せ物のもちは7年と言われています。

もちろんもっと長く持つ場合もあるし、もっと短い場合もあります。

被せ物の適合具合とセメントの接着力 ・ ・ ・ これが大きくかかわってきます。


歯は当然削らない方が良いです。

一度被せた歯がなるべく長く持つように、歯科医師も技工士も考えておりますが、やはり限界があるのはこの部分です。




今回は保険の被せ物のみの特徴を書きましたが、次回は保険外の物について書きますね!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年5月14日 水曜日

虫歯の大きさ -定期健診はみよし市の陽のあたる歯科

過ごしやすい時期はほんと少ないですね!

最近はもう『暑い』と感じている後藤です。




今回は久々に歯の話。

虫歯の健診の時に「シーオー」とか「シーツー」とか言ってますよね。

ご存知の方も多いかと思いますが、虫歯の大きさを表しています。

学校健診では大きさにかかわらず、『C』と表記する場合もあるし、処置済み歯を『〇』とする場合もありますが、陽のあたる歯科ではお口の中の状態をそのまま記録しています。


まずは虫歯の大きさから。

虫歯の大きさにより、C0、C1、C2、C3、C4と5段階に分かれます。

『C0』は要注意虫歯となっており、厳密にいうと虫歯です。では治療が必要かと言うと必要ではありません。要観察虫歯と表記することもあります。

『虫歯は削らないと治らない!』と思われていますが、それはC1~C3までの話。

C0は元に戻る、健全な状態に戻る可能性を持っている状態。

削った歯は元に戻りません。

だから削らなくていい状態なら、削らない方がいいんです。


『C1』は歯の表面のエナメル質内の虫歯。

虫歯はありますが、エナメル質内に痛みを感じる機関がないため、痛みを感じることはありません。

もちろん、治療中もエナメル質のみを削るのであれば痛みはありません。

しかしC1からは歯に実質欠損(穴)があいている状態なので良くて現状維持。

削って治療する場合は大きく削る必要はないでしょう。


『C2』はエナメル質の下の象牙質まで虫歯は進行した状態。

象牙質には痛みを感じる機関があるため、しみたり、痛みを感じることがあります。

象牙質はエナメル質よりもやわらかいため、虫歯の進行も速くなります。

「歯医者に行ったら大きく削られた!」とおっしゃられる患者様もみえますが、これはエナメル質に小さな穴が開き、象牙質内に到達。 前記のとおり、エナメル質と象牙質では虫歯の進行速度が違うので、象牙質内で見た目以上に広がり、結果、大きく削らないといけなくなるのです。

治療法は、虫歯の大きさと咬み合わせの状態によって異なりますが、樹脂を詰める、もしくは型取りをしてはめ込むタイプになることが多いです。


『C3』は歯の神経まで虫歯が到達した、もしくは到達しそうな状態。

神経まで到達した虫歯は、神経をとらないと痛みが強く出たりします。

当然神経を取り除くだけの大きな穴を歯に開けないといけないし、咬んだ時に痛みが出やすいので咬み合わせも落としたりします。

神経を取り除いた後は、機能を回復する必要がありますので、穴を埋め、被せ物で機能回復をいたします。


『C4』はさらに虫歯が進行し、最終的な被せ物も入れることができない状態。

この場合は残念ではありますが、抜歯となります。



ずらずらっと書きましたが、以上が虫歯の進行による表記です。

健診の時に「C」の表記を、注意して聞いてみては!


その他の表記についてはまたの機会に!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年5月 5日 月曜日

プレゼント -インプラントはみよし市の陽のあたる歯科

GWはいかがお過ごしですか?

今年は予定もなく映画三昧の後藤です。




さてさて、先日、誕生日を迎えました!

年齢は ・ ・ ・ アラフォーです。

スタッフから、これ



頂きました!

嬉しいっすね! 涙・なみだです ・ ・ ・ スタッフには見せていませんが。


ちなみに撮影場所は医院ですが、医院では飲んでませんよ!

ちゃんと持って帰りました。



いや~っ、ほんとに嬉しい一日でした!



写真が横だったらごめんなさい。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL