• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2014年7月23日 水曜日

いろんな歯② -虫歯治療はみよし市の陽のあたる歯科

梅雨が明け、これからいよいよ夏本番です!

診療後の植栽への水まきの後にビールが飲みたくなる後藤です。

でも車通勤なので運転前は決して飲みません!





さて、前回はサメの歯の話でした。

今度は一般的な歯の話です。



いきなりですが問題です。


体の中で、一番硬い場所はどこでしょう?




ってか、歯の話をしますと言っておいて、この答えが歯じゃなかったらおかしいですよね。

そう、答えはです。


なぜこの質問をしたかというと、'歯は硬いのでずっと残っている' という事なんです。

ずっと残っている ・ ・ ・ 

10年くらいでしょうか?

50年くらいでしょうか?

100年くらいでしょうか?


答えは ・ ・ ・ わかりません、ごめんなさい。


と、言うのも、恐竜の化石に歯はついていますよね。

ご存知の方もいるかもしれませんが、エジプトのミイラ。

あれにもちゃんと歯は残っています。

だから人間の歯も本来はずっと残っていくものなのです。


残らない原因は虫歯や歯周病。


だからみなさん、ちゃんとケアしていきましょうね!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年7月19日 土曜日

いろんな歯① -歯の悩みはみよし市の陽のあたる歯科

駐車場角のサルスベリ・ナチェの花が満開になろうとしています。

見上げる度にほっこりしている後藤です。





さて、今回は歯の話。

今回は怖~いサメの歯について。

皆さんもご存知のように、サメは肉食です。(オキアミなどを食べる種類もいますが・・・)

一般にイメージつきやすいのは映画のジョーズではないでしょうか。

サメの歯は三角に尖っており、いかにも刺さりそうな感じ。


実際に刺さるんです。

刺さって暴れると ・ ・ ・ 抜けるんです。

人間は乳歯と永久歯で生え変わりは1回です。

でも、サメは何回でも生え変わるんです!

抜けたらすぐに下から出てきます。

何枚も準備されているんです。




人間の歯もサメと同じだといいとは思いませんか?

虫歯が大きくなり抜いたら生えてくる。

歯周病で抜けたら生えてくる。

事故で歯が抜けても生えてくる ・ ・ ・ 

夢のような話です。

もしそうなったら、歯医者の仕事は ・ ・ ・ 『抜歯屋さん』ですね。




歯を大切に使っていくためにも定期健診でチェックしていきましょう!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年7月 8日 火曜日

初めて見た! -虫歯はみよし市の陽のあたる歯科

最近何もしていないのに肩こりが無くなった後藤です。

いやー、肩こりがないのはいいですね!





さて、今回は今日目撃した話です。

朝、出勤時、車に乗っていました。

今日はちょっと寝坊したため、部分的に高速を使うことに。

トンネルをぬけようとしたら、斜め前にトラックが ・ ・ ・ 。

しかも白煙を出している!

エンジントラブルかなぁ?なんて思いながら横を通過すると、白煙はトラックの前から。

どうやらトラックの前のミニバンから。

よく見ると左リアタイヤがパンクしていました。

その状態でかなり走行していたみたいで、タイヤがちぎれかけているのが分かりました。

そしたら次の瞬間!

ブチッ!

・ ・ ・ っといったかはわかりませんが、タイヤがちぎれて散乱。

その瞬間からホイールが擦れて火花が散っていました。

初めて見ました、乗用車のタイヤバースト。

たまに高速でちぎれたタイヤを目にしますが、ああなるんですね。


しかし気づかないものかなぁ?

かなり走りにくいと思うんだけど ・ ・ ・ 



皆さんも気を付けてくださいね!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2014年7月 2日 水曜日

1/2 -お口の健診はみよし市の陽のあたる歯科

夏風邪ならぬ夏前風邪で鼻声の後藤です。

患者様にはお聞き苦しい声になっている間もしれません、申し訳ありません。





さて、今回のタイトルの『1/2』って何でしょう?




答えは ・ ・ ・


今年ももう半分終わりました!


それだけです。


しかし早いものですね。

「あけましておめでとうございます」とコメントして、セミナー報告して、新人スタッフが入社して、誕生日を迎え、そして一年の半分が終わり ・ ・ ・ 

皆さんは今年の目標を順調にこなしていますか?

僕は達成しているものとそうでないのと。

半年を振り返り見直さなくては!



さぁ、残り半年、頑張っていきましょう!

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL