• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2015年7月27日 月曜日

咬み合わせについて -咬み合わせはみよし市の陽のあたる歯科

本格的な夏が始まりました。

 

毎日の朝の植栽への水まきで汗だくになっている後藤です。

 

 

 

早速ですが、今回は『咬み合わせ』の話。

 

・・・でも、詳しく書くと、読むのも大変だし、難しい内容なので、今回は簡単に、さわり程度で書きます。

 

 

咬み合わせは大事です!

 

 

簡単言えばそうなんです。

 

では、なぜ大切なのか?

 

 

それは、全身のバランスをとっているのがだからです。

 

これだけ聞いても『?』って感じですよね。

 

これを説明するのも難しいので、別の書き方をしてみます。

 

 

では、顎がずれる(咬み合わせがずれる)とどうなるかというと、次のような症状が出ることがあります。

 

頭痛、肩こり、腰痛、顎関節の痛み etc

 

よく聞く症状ですよね。

 

ただ、間違って解釈しないでほしいのが、これらの症状の原因が、100%咬み合わせにあると言っているのではありません。

 

原因の1つだという事。(咬み合わせを治しても治らない事あります)

 

では、咬み合わせを悪くしないようにはどうしたらよいかというと、

 

・頬杖をつかない

・食事するときは左右の奥歯を使って食べる(片咬みしない)

・歯並びを良くする

・歯がない場合は咬める部分を作ってもらう

・その他

 

重要なことは、左右の筋肉のバランスがとれていること。

 

バランスが極端に変わってくると、顎がズレたり、曲がってきたり、大きくなったりしてきます。

 

毎日の生活で注意できるのは、

 

・頬杖をつかない

・食事するときは左右の奥歯を使って食べる(片咬みしない)

 

ってことですかね。

 

 

今日から食事の時に注意してみてください。

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2015年7月17日 金曜日

歯ブラシ -歯周病予防はみよし市の陽のあたる歯科

台風の影響で傘が折れ、ずぶぬれになった後藤です。

 


 


 


台風のバカヤローーー!

 


 


・・・ふぅ。

 


さて、今回はいろんな方の質問の中から、よく聞かれる内容を。

 


・・・タイトルになっているのでお気づきだと思いますが、今回は『歯ブラシ』についてです。

 


よく聞かれます。

 


「どの歯ブラシがいいですか?」とか、

 


「先生はどの歯ブラシを使ってますか?」とか。

 


歯ブラシと言っても種類は様々。

 


通常の歯ブラシ、電動の歯ブラシ、ヘッドの小さな歯ブラシ・・・などなど。

 


結論を簡単に言えば、人それぞれ・・・という感じです。

 


 


 


「なんだそりゃ!」・・・ってつっこみありそうですが、お口の中の環境、状態に合わせて選択するものなんです。

 


 


僕の場合、歯並びは矯正をしたので問題なしの状態で、歯周病も進行はみられません。

 


多くの方はこのような状態だと思います。

 


今回はこのような方の場合という事で歯ブラシの選択についての僕なりの考えを書きます。

 


 


まず、僕の歯ブラシは、家では電動ブラシ、医院では通常のブラシを使っています。

 


通常のブラシは、陽のあたる歯科においてあるものを使っています。

 


もう少し細かく言うと、毛先は細い物で、毛の硬さはやわらかい物を使用しています。

 


家で使用している物は電動ブラシ(音波ブラシ)です。

 


どちらのブラシも慣れが必要になります。

 


使い方、磨き方を間違えるとかえって歯や歯茎を傷めてしまいますので・・・

 


ちなみに歯磨き粉はしっかりと使用しています。

 


そして、鏡でチェックもしています。(・・・毎回ではありませんが)

 


まずは歯科医師や衛生士に相談してみてはいかがでしょうか。

 


自分はどこを、どう磨いたらいいのかを知り、そのうえでそこを効率よく磨ける歯ブラシを選択することが1番大切だと思いますよ。

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL