• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2015年11月20日 金曜日

教科書の人 -歯周病はみよし市の陽のあたる歯科

昼と夜の寒暖差が大きく、体調を崩しやすいですが皆さんいかがですか?

 

インフルエンザも気になる所です。

 

そんな毎日ですが、いたって健康?な後藤です。

 

 

 

さて、教科書に載る人物ってどんな人でしょう?

 

政治家? 組織のリーダー的な人? 大きな事件の関係者? ・・・

 

社会系の教科書であればそうでしょう。

 

国語であれば作家。 音楽であれば作曲家。 理科であれば化学・物理・科学者。

 

こんなところでしょうか?

 

しかし、これらの人から授業を受けることはありませんよね。

 

 

 

僕は教科書の人物から授業を受けてきました!

 

歯科の歯周病学の分野から、Jan Lindhe(ヤン リンデ)名誉教授の授業を。

 

Jan Lindhe教授は予防先進国のスウェーデン、イエテボリ大学の名誉教授で、現在の歯周病の主たる論文を数多く発表してきた方。

 

歯周病の進行の程度を表す分類には、『リンデ・ニーマンの分類』と名前がついているくらいの方。

 

ある人は、「世界で一番歯周病を知っている方」とも表現しています。

 

セミナー内容も、実に内容濃く、復習もできたし、新しい気づきもありました。

 

 

最近の歯科界はアメリカにならい、『悪くなったら早めに抜歯してインプラント』といった流れがありますが、僕は『残せるものなら残してみたい』と今でも思っています。

 

インプラントが嫌いとか言ってるわけじゃありませんよ。

 

僕もインプラント治療の必要性、重要性は知っていますので。

 

しかし、僕の治療のベースはあくまでもヨーロッパ、スウェーデンスタイルです!

 

 



pic20151120132536_0.JPG

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2015年11月14日 土曜日

日本人って・・・ -歯の悩みはみよし市の陽のあたる歯科

最近めっきり寒くなってきました。

 

コタツでゴロゴロしたいと思ってる後藤です。

 

 

 

 

 

さて、しばらくコラム書けなくて申し訳ありません。

 

バタバタはしておりましたが、それを言い訳には・・・できませんね。

 

その間にいろんなことを考えていました。

 

もちろん『歯』の事ですよ。

 

今回は少し長くなるかもしれませんが、最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 

 

考えていたのは日本人の虫歯や歯周病の罹患率の高さについてです。

 

ご存知かもしてませんが、日本人は虫歯の罹患率も歯周病の罹患率はかなり高く、先進国の中では下位に沈んでいます。

 

その理由は何なのでしょうか?

 

・自分のお口への意識が低い?

・歯科への受診率が低い?

・治療費が高い?

・もともとお口の中の抵抗力が低い?

 

 

何が影響しているのでしょうか?

 

 

上記のお口の中への関心が低いのも原因でしょう。

 

関心が無ければ見向きもしないし。

 

痛みなどの症状が出てきたら気になるので受診する・・・それがまだまだ日本の現状です。

 

 

歯科への受診率が低いのも原因でしょう。

 

日本人の歯科に定期的に通う方の割合は・・・3割いるでしょうか?

 

成人男性に限って言えば、1割いるでしょうか?

 

それほど定期的に通っていないんです。

 

悪くなってから行く ⇒ 治療の回数がかかる ⇒ 嫌になる ⇒ 中断 ⇒ またさらに悪くなる・・・

 

この流れをどこかで止めないと・・・。

 

 

治療費が高いのは原因でしょうか?

 

日本は保険制度が充実しています。

 

そのせいで政府の医療費が追いつかなくなっているのも事実ですが・・・

 

それはさておき、現在負担金は3割か1割。

 

これで高いと言っているようでは海外で治療は受けれません。

 

だって、10割払ったとしても、海外の治療費よりは安い!

 

海外では(内容にもよりますが)2~5倍の治療費がかかります。

 

それでも歯科への受診率は高い。

 

医療費は関係ないんです。

 

 

ではもともと抵抗力が弱いのでしょうか?

 

それも違うと思います。

 

お口に中の細菌は、若干の地域差はありますが、ほぼ同じで種類に差はありません。

 

また、もともと日本人は魚介類を多く食べたり、お茶を飲んだりいてフッ素の摂取量は多い人種と言えます。

 

ですので、本来は歯は強い人種なんです。

 

 

それ以外にはないでしょうか?

 

 

僕が考えるに、『歯並び』が大きく影響しているのではないかと思います。

 

お口に関心があるかないかになってしまうかもしれませんが、日本人は圧倒的に歯並びが悪い!

 

デコボコ、出っ歯、受け口、などなど。

 

これが、虫歯になるリスクが、歯周病になるリスクがかなり高くなっているのではないでしょうか?

 

逆に、8020を達成している方たちの歯並びは、いい方が多い気がします。

 

デコボコの歯並びで歯が残っている方はやっぱり少ないです。

 

 

『歯並びが悪いのは万病のもと!』と言っても過言ではないと思います。

 

もっと日本人もお口に関心を持ち、きれいな歯並びを手に入れた方が良いと思います。

 

 

 

今回は長々とすみません。

 

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL