• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2016年1月22日 金曜日

お口の衛生が・・・ -お口のクリーニングはみよし市の陽のあたる歯科

東海の降雪が交通網を麻痺させていましたが、皆さんはいかがでしたか?

 

陽のあたる歯科は休診日であったため、患者様にもスタッフにも無理、迷惑が少なくて良かったとホッとしている後藤です。

 

 

 

さてさて、今回は『お口と体との関係』についてです。

 

今回は体との関係の中でも、『お口の衛生状態と体との関係』に絞って書きたいと思います。

 

 

口はいろいろなものが入ってきます。

 

食べ物・・・飲み物・・・空気・・・そしてバイ菌。

 

体にとって必要のあるものもそうでないものも入ってきます。

 

当然体にとって悪い物は、入れないにこしたことはありません。

 

寒くなるこの時期、手洗いうがいは大事ですが、もう一つ。

 

『お口の中も洗いましょう!』

 

手洗いは手についたバイ菌を口に入れないため。

 

うがいはお口の粘膜についたバイ菌を出すため。

 

でもそれだけではダメなんです。

 

バイ菌はお口のその他の部位にもついているので。

 

歯の表面などについているプラーク(歯垢)の中にもバイ菌は住み着いています。

 

これはうがいでは取れないんです。

 

歯磨きでしか無理なんです。

 

 

ちなみにお口の中が不衛生だと、次の事が起こりやすくなります。

 

誤嚥性肺炎

心内膜症・・・歯周病との関係

低出生胎児(早産)・・・歯周病との関係

風邪

ウイルス性感染症

 

主なところだとこんなところですかね。

 

統計的に、お口の中に汚れが多いお子さんは、風邪など、体調を崩す可能性が多いという報告もみられます。

 

ですので、歯磨きは虫歯予防のためだけでなく、健康な体を維持していく事においても重要な事なんですよ!

 

 

今回は、そんな『お口の衛生が、体にも影響を及ぼす事がある』という内容でした!

 



pic20160122005646_0.JPG

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年1月 5日 火曜日

歯医者でできることは・・・ -虫歯治療はみよし市の陽のあたる歯科

あけましておめでとうございます。

 

本年もより一層、良い医療を提供できるよう、スタッフともども精進してまいります。

 

本年もよろしく願いいたします。

 

 

 

 

 

さて、挨拶の後で今回のコラムのタイトルは、なんか不思議な感じですね。

 

でも今回の内容は、歯科の『治療の内容』ではなく、『治療の根本』です。

 

歯科医院へは痛くなったり、気になる所が出てきたり、悪くしないようにといった理由で通院されると思います。

 

でも歯科でできることは・・・

 

 

『お手伝い』だと私は考えております。

 

 

歯は自然治癒能力はありません。

 

なので、どんなに『治した』と言っても、人工物で無くなった歯の部分を『補った』にしかすぎなく、後に何らかのトラブルが起きることは十分に考えられます。

 

 

歯茎には治癒能力があります。

 

かなり初期の頃であれば、ある条件を満たせば自然治癒していきます。

 

しかし、いくつかの条件を満たさないと治ってきません。

 

ですので悪くしないことがまずは大事。

 

我々の仕事は、

 

悪くならないようにアドバイスをする。

悪くならないようにサポートする。

悪くなってしまったら悪くなったところを取り除き、機能を修復する。

悪くなってしまったらさらに悪くならないようにアドバイスをする。

 

こんな感じです。

 

ただし、被せ物1つでも、適合や設計1つでその後の予後も変わっています。

 

ですので我々医療人の腕も大事ですが、根本は患者様1人1人が『悪くしない!』と高いモチベーションを持てるかどうかなんです。

 

全てを我々に任せますというスタイルでは絶対に良くなりません。

 

本当に任せていただくのであれば、2~3日に1度来院して頂き、我々がクリーニングを行えば悪くはならないでしょう。

 

保険のルールもありますので、当然これは自費診療になります。

 

ですので、患者様のモチベーションが大事なんです。

 

そのために、様々な知識を知って頂きたい!

 

まずは自分のお口の中の状態を知ること。

 

そして、今後どんなリスクが起きうるのかを知ること。

 

そして、そのリスクを回避するために何をしなければいけないのかを知ること。

 

 

患者様1人1人がお口の中にトラブルが起きないことが我々の真の願いです。

 

我々歯科医療人の仕事内容が、失ったものを治すから、失わないように予防するに変わることが究極の『夢』なんです。

 

 

 

今回の長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

そして新年早々、強い思いを文章にしてすみません。

 

 

今年が皆様にとってより良い年になりますよう願い、今年最初のコラムを終わりにします。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL