• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2016年2月16日 火曜日

意外に広がっている虫歯

春一番が吹いたと思えば今度は急に寒くなり・・・

 

体調もすっきりとしない後藤です。

 

皆さんも体調管理に気を付けてください。

 

 

 

さて今回は虫歯の話。

 

『歯』が存在していれば虫歯になる可能性はあります。

 

たとえ被せ物を入れたとしてもですよ。

 

 

下の絵を見ていただくと、歯の構造が分かると思います。

 

一般的にお口の中で見えている歯は『エナメル質』の部分です。

 

エナメル質は体の中で一番硬い部分です。

 

虫歯のバイ菌は、この硬い歯を溶かすのだから凄いと思いませんか?

 

 

・・・ってか、今回はバイ菌ではなく、虫歯の話でした。

 

バイ菌によって溶かされた歯は、どんどん穴があいていきます。

 

少しずつ、少しずつ・・・すこ~しずつ・・・

 

表層から深部に向かって円錐状(深部が円錐の先端)に進行します。

 

そしてエナメル質表層から深部に向かって進行していくと、象牙質に到達します。

 

この象牙質はエナメル質と比べるとはるかに軟らかい!

 

ここでの虫歯の広がりは激しいです。

 

象牙質に到達した虫歯は神経に向かって進行していくとともに、横にも広がりを見せます。

 

そしてエナメル質内の虫歯の進行より、はるかに速いスピードで進行します。

 

下の絵の赤い分は虫歯の広がりを簡単に書いたものです。

 

お分かりの通り、歯の表面の虫歯の大きさよりもエナメル質と象牙質の境目での広がりの方が大きくなっています。

 

虫歯をしっかりと除去するためには、虫歯の上にのっているエナメル質を除去しなければなりません。

 

ですので、「歯医者に行ったら大きく削られた!」となってしまうわけです。

 

 

虫歯ができやすい所は何処でしょう?

 

 

・・・答えは、『歯磨きしにくい所』です。

 

「当たり前じゃん!」と言われるかもしれませんが、実際にそうなんです。

 

ですので歯科医院でチェックしてもらい、指導してもらい、キレイにしてもらわないといけません。

 

定期的なチェックは必要なんです!

 

 

 

お家で意識して磨いてもらうとしたら・・・

 

1、歯と歯の間

2、歯の根元

3、一番奥の歯の、奥の面

 

・・・ですかね。

 

 

慢性的にゆっくりと進行する虫歯は痛みを感じないこともあります。

 

何事も、早期発見・早期治療ですよ!

 



pic20160216200117_0.JPG

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年2月12日 金曜日

良く聞かれる質問

そろそろ花粉の時期。

 

スタッフを見ていていつも辛そうだなと思っている、陽のあたる歯科 後藤です。

 

 

 

今回は皆さんからよく聞かれる質問についてです。

 

「歯医者って、何であんなに通わないといけないの?」って、言われることがよくあります。

 

確かに内容によっては治療回数はかかる場合があります。

 

しかしそれ以外の理由は大きく分けて2つ。

 

1つ目は、保険診療のせい。

 

聞こえが悪くなってしまいますが、保険治療ではどんな内容でも行っていいわけではなく、ルールが存在しています。

 

例えば、ある治療とある治療の間はどのくらいあけなければならないとか、1度に行えるのは何本までとか・・・

 

また、保険診療は、保険医しか行えない診療で、全国共通の保険点数です。

 

ですので、極端に高い点数だと、『不正請求』とか『架空請求』とかの疑いがかかり、指導の対象になることがあります。

 

これをさけるために歯科医院の多くは保険診療で行う場合、平均点(県単位での平均点)付近になるように、治療する歯の数をコントロールしているのが現状です。

 

2つ目は、予定していた患者様がキャンセルになった場合。

 

例えば、ある患者様の治療を5~6本まとめて予定をたてたとします。

 

内容にもよりますが、付きっきりで大体の治療時間は1~1.5時間かかると思います。

 

仮にこの患者様がキャンセルになったらこの時間が暇になってしまいます。

 

あらかじめキャンセルが分かっていれば数人の予約が入るわけで・・・

 

経営の事を考えるとキャンセルが怖くてまとめて処置を行う事ができないのではないでしょうか。

 

 

 

一般的にこういった理由が考えられると思います。

 

決して故意的に回数を多くしているわけではありませんよ。

 

 

今回はよく耳にする質問からコラム書いてみました。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年2月 6日 土曜日

増加傾向に! -歯科健診はみよし市の陽のあたる歯科

2月に入りました。

 

新年を迎えたと思ったらもう1ヶ月が過ぎ、年々時間が過ぎるのが早く感じている後藤です。

 

 

 

 

今回は『歯』というより『全身』って感じですかね・・・。

 

 

さて、僕らが子供の頃はいろんなものが出だしたとき。

 

便利な世の中になってはきましたが、今ほどではありませんでした。

 

便利さが増加していくのと同様に、世の中がキレイになて来ています。

 

この『キレイ』は見た目で無く、『衛生的』という意味です。

 

このキレイさがもたらしたものは、感染症の減少。

 

大変素晴らしい事だと思います。

 

キレイになることで皆さんが健康になるのであれば、とことんキレイにしていかなくてはいけないと思います。

 

しかし、感染症の減少は、一方で、あることを引き起こしています。

 

それは ・・・

 

アレルギーを持ったお子様の増加です。

 

食べ物のアレルギー、花粉のアレルギー、喘息などなど。

 

身の回りが衛生的になればなるほど、ちょっとの事で体が過剰反応していくようになってしまいます。

 

悪い表現をするのであれば『昔に比べて虚弱体質になった』と言えるのかもしてません。

 

それが特定のお子様に出るのではなく、多くのお子様に出てくるので心配になってしまいます。

 

 

本来人間も動物も、胎児のときは無菌状態で、出産と同時に感染症が始まります。

 

もちろん重篤なものではありませんけどね。

 

その後、様々なところから菌を体に取り入れ、免疫力を高めていきます。

 

キレイな室内で遊び、消毒されたおもちゃを使い、身の回りの除菌、除菌、除菌・・・

 

外で(土の上で)遊ぶお子さんに比べると、圧倒的に抵抗力が弱いと思います。

 

 

子供は風の子元気な子。

 

ゲームばかりせず、外で泥だらけになるくらい遊んで感染症にもアレルギーにも負けない体を作っていってください!

 

 

 

追伸

外で遊ぶだけで全てが大丈夫というわけではありませんよ。

食事も睡眠も大事です。

もちろん感染症が重篤しないための手洗いうがいもね。

 

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL