• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2017年6月19日 月曜日

口臭・・・気になります? -お口の健診はみよし市の陽のあたる歯科

梅雨入りしたのに雨・・・降りませんねぇ。

 

そのせいか、ツバメが飛んでる姿をよく目にします。

 

巣立ったツバメが飛ぶ練習をしてるのでしょう。

 

歯科医師になりたての時を振り返り、現在も成長できていると思えている後藤です。

 

 

 

今回は、口臭について書きます。

 

口臭といっても、臭いの種類はいろいろあります。

 

また、年代によってもいろいろあります。

 

しかし、どの年代でも口臭の最も大きな原因は「お口の中の汚れ」からくるものです。

 

歯の表面、歯と歯の間、舌の表面、粘膜の表面についている汚れから口臭となっていきます。

 

また、虫歯があったり適合不良の被せ物などがあっても汚れが溜まりやすくなり、口臭の原因になります。

 

 

その次に多いのが「歯周病」によるもの。

 

歯周病に罹患していて、治療を適切に行って、症状が安定していれば問題ないのですが、未処置の場合は歯周病特有の口臭がします。

 

歯周病治療は程度にもよりますがすぐに改善するというわけにはいかないので、口臭の減少にもある程度の日数がかかってしまいます。

 

早め、早めのチェックが必要です。

 

 

最後は、「代謝による口臭」です。

 

食べ物を食べて、胃の中で消化して・・・その臭いが逆流して口の方にくる口臭であったり、薬などを飲んで、体が分解・吸収し、それが肺から出てくるというもの。

 

食べ物であれば対処はできるのですが、薬となると、体の事もありますので・・・

 

一番改善が難しい口臭かもしれません。

 

 

ご心配な方はご相談ください!

 

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2017年6月 9日 金曜日

治療した歯のその後 -虫歯予防はみよし市の陽のあたる歯科

梅雨に入りましたね。

 

ジメジメとした気候は嫌ですが、雨が降らないとダムの貯水率が・・・

 

なんて思いながらこの季節を過ごしている後藤です。

 

 

 

今回は、

 

『虫歯を治したらそれでおしまい?』という内容でコラムを書きます。

 

虫歯の治療内容はいろいろあります。

 

小さな虫歯であれば『レジン(樹脂の詰め物)』

 

奥歯など、少し進行した虫歯であれば『インレー(部分的な型取りする詰め物)』

 

歯の大部分が無くなるような虫歯であれば『クラウン(型取りして歯の全てを覆う物)』

 

欠損部を補う場合は『ブリッジ(欠損部の両サイドを削って橋渡しする物)』

 

 

メインの治療はこれらにあたります。

 

もちろん材質によって違いますが、これから書く内容は保険治療の話。

 

 

岡山大学の森田学教授が次のような研究発表を行いました。

 

それは、『虫歯治療後の詰め物、被せ物の寿命』という内容。

 

それによると、

 

レジン 5.2年

インレー 5.4年

クラウン 7.1年

ブリッジ 8.0年

 

これはあくまでも平均値です。

 

材料も違えば、患者様のお口の中の状態も違う、歯科医師の技量も違う・・・。

 

あくまでも平均値ですよ。

 

 陽のあたる歯科では、1.5~2倍になるよう意識して処置しております。

 

形成だったり、材質だったり・・・

 

でも、1番大事なのは、定期的にチェックをしていくという事。

 

自分で鏡を見ただけでは分からないこともたくさんあるし、何より、金属はイオンの問題で汚れが付きやすい!

 

だから、磨き残しがないかどうかのチェックもとても大事なんですよ。

 

 

 

今回は治療したその後の内容でした。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL