• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金

院長コラム

2016年2月12日 金曜日

良く聞かれる質問

そろそろ花粉の時期。

 

スタッフを見ていていつも辛そうだなと思っている、陽のあたる歯科 後藤です。

 

 

 

今回は皆さんからよく聞かれる質問についてです。

 

「歯医者って、何であんなに通わないといけないの?」って、言われることがよくあります。

 

確かに内容によっては治療回数はかかる場合があります。

 

しかしそれ以外の理由は大きく分けて2つ。

 

1つ目は、保険診療のせい。

 

聞こえが悪くなってしまいますが、保険治療ではどんな内容でも行っていいわけではなく、ルールが存在しています。

 

例えば、ある治療とある治療の間はどのくらいあけなければならないとか、1度に行えるのは何本までとか・・・

 

また、保険診療は、保険医しか行えない診療で、全国共通の保険点数です。

 

ですので、極端に高い点数だと、『不正請求』とか『架空請求』とかの疑いがかかり、指導の対象になることがあります。

 

これをさけるために歯科医院の多くは保険診療で行う場合、平均点(県単位での平均点)付近になるように、治療する歯の数をコントロールしているのが現状です。

 

2つ目は、予定していた患者様がキャンセルになった場合。

 

例えば、ある患者様の治療を5~6本まとめて予定をたてたとします。

 

内容にもよりますが、付きっきりで大体の治療時間は1~1.5時間かかると思います。

 

仮にこの患者様がキャンセルになったらこの時間が暇になってしまいます。

 

あらかじめキャンセルが分かっていれば数人の予約が入るわけで・・・

 

経営の事を考えるとキャンセルが怖くてまとめて処置を行う事ができないのではないでしょうか。

 

 

 

一般的にこういった理由が考えられると思います。

 

決して故意的に回数を多くしているわけではありませんよ。

 

 

今回はよく耳にする質問からコラム書いてみました。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年2月 6日 土曜日

増加傾向に! -歯科健診はみよし市の陽のあたる歯科

2月に入りました。

 

新年を迎えたと思ったらもう1ヶ月が過ぎ、年々時間が過ぎるのが早く感じている後藤です。

 

 

 

 

今回は『歯』というより『全身』って感じですかね・・・。

 

 

さて、僕らが子供の頃はいろんなものが出だしたとき。

 

便利な世の中になってはきましたが、今ほどではありませんでした。

 

便利さが増加していくのと同様に、世の中がキレイになて来ています。

 

この『キレイ』は見た目で無く、『衛生的』という意味です。

 

このキレイさがもたらしたものは、感染症の減少。

 

大変素晴らしい事だと思います。

 

キレイになることで皆さんが健康になるのであれば、とことんキレイにしていかなくてはいけないと思います。

 

しかし、感染症の減少は、一方で、あることを引き起こしています。

 

それは ・・・

 

アレルギーを持ったお子様の増加です。

 

食べ物のアレルギー、花粉のアレルギー、喘息などなど。

 

身の回りが衛生的になればなるほど、ちょっとの事で体が過剰反応していくようになってしまいます。

 

悪い表現をするのであれば『昔に比べて虚弱体質になった』と言えるのかもしてません。

 

それが特定のお子様に出るのではなく、多くのお子様に出てくるので心配になってしまいます。

 

 

本来人間も動物も、胎児のときは無菌状態で、出産と同時に感染症が始まります。

 

もちろん重篤なものではありませんけどね。

 

その後、様々なところから菌を体に取り入れ、免疫力を高めていきます。

 

キレイな室内で遊び、消毒されたおもちゃを使い、身の回りの除菌、除菌、除菌・・・

 

外で(土の上で)遊ぶお子さんに比べると、圧倒的に抵抗力が弱いと思います。

 

 

子供は風の子元気な子。

 

ゲームばかりせず、外で泥だらけになるくらい遊んで感染症にもアレルギーにも負けない体を作っていってください!

 

 

 

追伸

外で遊ぶだけで全てが大丈夫というわけではありませんよ。

食事も睡眠も大事です。

もちろん感染症が重篤しないための手洗いうがいもね。

 

 

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年1月22日 金曜日

お口の衛生が・・・ -お口のクリーニングはみよし市の陽のあたる歯科

東海の降雪が交通網を麻痺させていましたが、皆さんはいかがでしたか?

 

陽のあたる歯科は休診日であったため、患者様にもスタッフにも無理、迷惑が少なくて良かったとホッとしている後藤です。

 

 

 

さてさて、今回は『お口と体との関係』についてです。

 

今回は体との関係の中でも、『お口の衛生状態と体との関係』に絞って書きたいと思います。

 

 

口はいろいろなものが入ってきます。

 

食べ物・・・飲み物・・・空気・・・そしてバイ菌。

 

体にとって必要のあるものもそうでないものも入ってきます。

 

当然体にとって悪い物は、入れないにこしたことはありません。

 

寒くなるこの時期、手洗いうがいは大事ですが、もう一つ。

 

『お口の中も洗いましょう!』

 

手洗いは手についたバイ菌を口に入れないため。

 

うがいはお口の粘膜についたバイ菌を出すため。

 

でもそれだけではダメなんです。

 

バイ菌はお口のその他の部位にもついているので。

 

歯の表面などについているプラーク(歯垢)の中にもバイ菌は住み着いています。

 

これはうがいでは取れないんです。

 

歯磨きでしか無理なんです。

 

 

ちなみにお口の中が不衛生だと、次の事が起こりやすくなります。

 

誤嚥性肺炎

心内膜症・・・歯周病との関係

低出生胎児(早産)・・・歯周病との関係

風邪

ウイルス性感染症

 

主なところだとこんなところですかね。

 

統計的に、お口の中に汚れが多いお子さんは、風邪など、体調を崩す可能性が多いという報告もみられます。

 

ですので、歯磨きは虫歯予防のためだけでなく、健康な体を維持していく事においても重要な事なんですよ!

 

 

今回は、そんな『お口の衛生が、体にも影響を及ぼす事がある』という内容でした!

 



pic20160122005646_0.JPG

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2016年1月 5日 火曜日

歯医者でできることは・・・ -虫歯治療はみよし市の陽のあたる歯科

あけましておめでとうございます。

 

本年もより一層、良い医療を提供できるよう、スタッフともども精進してまいります。

 

本年もよろしく願いいたします。

 

 

 

 

 

さて、挨拶の後で今回のコラムのタイトルは、なんか不思議な感じですね。

 

でも今回の内容は、歯科の『治療の内容』ではなく、『治療の根本』です。

 

歯科医院へは痛くなったり、気になる所が出てきたり、悪くしないようにといった理由で通院されると思います。

 

でも歯科でできることは・・・

 

 

『お手伝い』だと私は考えております。

 

 

歯は自然治癒能力はありません。

 

なので、どんなに『治した』と言っても、人工物で無くなった歯の部分を『補った』にしかすぎなく、後に何らかのトラブルが起きることは十分に考えられます。

 

 

歯茎には治癒能力があります。

 

かなり初期の頃であれば、ある条件を満たせば自然治癒していきます。

 

しかし、いくつかの条件を満たさないと治ってきません。

 

ですので悪くしないことがまずは大事。

 

我々の仕事は、

 

悪くならないようにアドバイスをする。

悪くならないようにサポートする。

悪くなってしまったら悪くなったところを取り除き、機能を修復する。

悪くなってしまったらさらに悪くならないようにアドバイスをする。

 

こんな感じです。

 

ただし、被せ物1つでも、適合や設計1つでその後の予後も変わっています。

 

ですので我々医療人の腕も大事ですが、根本は患者様1人1人が『悪くしない!』と高いモチベーションを持てるかどうかなんです。

 

全てを我々に任せますというスタイルでは絶対に良くなりません。

 

本当に任せていただくのであれば、2~3日に1度来院して頂き、我々がクリーニングを行えば悪くはならないでしょう。

 

保険のルールもありますので、当然これは自費診療になります。

 

ですので、患者様のモチベーションが大事なんです。

 

そのために、様々な知識を知って頂きたい!

 

まずは自分のお口の中の状態を知ること。

 

そして、今後どんなリスクが起きうるのかを知ること。

 

そして、そのリスクを回避するために何をしなければいけないのかを知ること。

 

 

患者様1人1人がお口の中にトラブルが起きないことが我々の真の願いです。

 

我々歯科医療人の仕事内容が、失ったものを治すから、失わないように予防するに変わることが究極の『夢』なんです。

 

 

 

今回の長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

そして新年早々、強い思いを文章にしてすみません。

 

 

今年が皆様にとってより良い年になりますよう願い、今年最初のコラムを終わりにします。

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

2015年12月 2日 水曜日

やっぱり思うところは・・・ -虫歯の治療はみよし市の陽のあたる歯科

12月になりました。

 

今年もあと1ヶ月をきりましたがやり残したことはありませんか?

 

今年の目標体重維持を何とかキープできそうな後藤です。

 

でもこれからの忘年会シーズンが怖い・・・

 

 

 

 

さて、今回は何回か書いたことのある内容です。

 

・・・ってことは、すご~く重要、大切な事なんです。

 

 

今回も患者様から改めて気付きを頂きました。

 

それは、『定期的に通わないといけない』『治療の中断はいけない』という事。

 

「今日で治療が終了になります。」と言われたら、

 

「もう歯医者なんかに行かなくてもいいや! 良かった良かった!」と思う方も多いのではないのでしょうか?

 

でもそのあとに、「頑張って悪いところを治して、今度からは悪くならないように維持していくように、定期的にチェックに来てくださいね。」と言われたら皆さんはどうお思いでしょうか?

 

「めんどくさいし行かなくていいや!」ですか?

「忙しいし時間ができた時に行けばいいや!」ですか?

「何回も来させて診療代を払ってもらいたいだけじゃないの?」ですか?

「せっかく治したのだからもう悪くしないように定期的にチェックしていこう!」ですか?

 

 

思いは人それぞれです。

 

そこをどうこう言うつもりはありません。

 

ただ、知っていてほしい事はあります。

 

それは、虫歯も、歯周病も、悪くなった原因は細菌によるものだという事!

 

だからお口の中から細菌を無くせば悪くなることはありません。

 

 

 

しかし、これは、歯科治療にかかわる者全てのであって現在では不可能な事なんです。

 

そして、細菌は環境によって変化していきます。

 

細菌にとって住みやすい環境があれば、細菌はどんどん増えるだけでなく、強化していきます。

 

細菌にとって住みにくい環境であれば細菌数も減り、衰弱していきます。

 

 

現在の歯科治療(虫歯、歯周病)の全てが細菌の衰弱を目指す治療になっています。

 

細菌が住みにくい環境を作り、細菌が強化されないよう掃除して細菌数を減らしていく。

 

 

でも、治療を中断した場合は、状況によっては細菌が住みやすい環境になってしまっている場合もあるし、定期的にチェックしない事で、お口の中の細菌が衰弱していないかもしれません。

 

治療終了して半年で虫歯ができる・・・

 

よくあります。

 

治療中断して半年後に来院。 状態が悪くなりすぎて抜歯・・・

 

よくあります。

 

歯医者に行く時だけ磨いて、家では磨かない。 毎回歯磨きすると出血する・・・

 

よくあります。

 

被せ物の型取りして中断。 もう一度被せ物を入れたいけどスペース不足のため被せ物が入れれない・・・

 

よくあります。

 

 

ですので私たち歯科医療従事者の思いは1つ。

 

『お口の健康を維持していくためには、早い年代から定期的にチェックしていきましょう!』

 

と、いう事。

 

 

絶対にダメなのは治療の中断です!

 

投稿者 陽のあたる歯科 | 記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31