• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金
HOME > クラウン

クラウン

クラウンのイメージ
大きな虫歯の治療痕“銀歯”を白く美しく 弱った歯の保護、機能回復にも

クラウンとは、虫歯が広範囲に広がり、歯を大きく削った方、歯の神経を取ってしまった方など、部分的な修復が不可能な場合、歯が割れたりしないように保護するため、歯の全体を覆う被せ物のことです。

神経を取ってしまった歯は、まるで枯れ木のように弱くなってしまいます。
部分的な詰め物では歯が割れてしまうことがありますので、あらかじめ全体を削って整え、クラウンを使用します。
いわゆる「銀歯」は、クラウンの保険適用の金属でできたものですが、笑ったときはもちろん、口を開けたときに目立ってしまいます。

今はこれをより自然な歯の色に近い、審美補綴物のセラミックなどに交換する方が増えています。
とくに、前歯の欠損などで使用する前装冠は、保険適用の硬質レジン(プラスチック)という素材でつくると、変色したり、擦り減ったりして目立ちます。当院では、機能的な面、審美的な面の両方から、より歯の色に近く、長年使用しても変色しないセラミックをおすすめしています。

こんな方におすすめ!
セレック
  • 虫歯がひどい、または歯が欠けてしまった…
  • 部分的に歯並びを治したい…
  • 歯ぐきの黒ずみが気になる…
  • 前歯のがたがたを短期間で治したい…
  • 歯の色(着色)が気になる…