• ホーム
  • 陽のあたる歯科のこと
  • チーム紹介
  • アクセス
  • 料金
HOME > インプラント

当院のインプラント治療

見た目が自然で失った歯の再生、残りの歯を傷つけないための最良の選択
患者さんの10年後を見据えた治療

当院では、患者さんによりよい治療の選択肢の一つとして、インプラント治療を行なっています。
今まで、永久歯を虫歯や歯周病、事の外傷で失ってしまうと、そのスペースを埋める方法として「義歯(入れ歯)」もしくは「故などブリッジ(橋渡し)」しかありませんでした。
これらは保険適用で比較的安価で行える治療である代わりに、土台となる歯(健康な歯)に大きな負担がかかることなど、デメリットもあります。

インプラント治療を受けられて喜ばれる点として

  • 見た目が自然で、気兼ねなく笑顔になれる
  • 食べ心地が自然の歯に近く、食事が楽しくなる

などが挙げられます。

ただし、歯を失われたのには必ず原因があります。
歯を悪くしてしまった原因を改善しないと、せっかくインプラント治療を受けられても、そのメリットを長い間享受いただくことは難しいです。当院では患者さんと一緒に原因を改善し、その上でインプラントを少しでも長くお使いいただけるように治療をご提案させて頂きます。

POINT! 安全性の追求

インプラントは、身体に安全で、骨と強固に結合する「チタン」金属を使用します。
失った永久歯の代わりにチタンのねじを顎の骨に埋め込み、新しい歯をつくります。
したがって、他の歯を土台にして傷つけるようなことは一切ありません。
当院ではインプラント治療の安全性を高めるために、材質には国際的に信頼性の高いアストラテック製のインプラント材質を採用しています。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療のデメリットのイメージ

保険適応外のインプラントは、費用がかかります。
しかし、個人的にインプラントという技術、そして扱う材料の程度を下げないために、価格競争に乗せるべきではないと思っています。

失った歯を再生させ、義歯(入れ歯)のような煩わしさから解放される。自分の歯よりも噛めるようになって、何でも食べられる幸せを実感できる。
それが簡単に手に入ってしまったら、「歯を大切にする」ことをおろそかにしてしまうのではないでしょうか。

インプラントを守るための取り組み

インプラントを長持ちさせるには、きちんとしたメンテナンスも必要不可欠です。
治療後も自分の歯としてしっかり守っていってくださることが、当院のインプラントをご提供する条件でもあるのです。

CEREC(セレック)を導入しています

セラミックの補綴物が1日で製作できるシステムです。
ラミネートべニア、クラウン、インレーなどで使用するセラミックの補綴物が、1日で製作できるので、歯を削ったり整えたりしたあと、仮歯をつける必要がありません。治療期間の短縮と費用の負担の軽減が実現しました。
※色や素材の適合性もあるため、すべての人が必ず適用できるわけではありませんので、ご相談ください。

セレック